issue

CNTR AWARD for New Graduates 2013 – Vol.04 鈴木雄貴

CNTR AWARD for New Graduates 2013 第4弾は、情報科学芸術大学院大学(略称:IAMAS)の鈴木雄貴さんです。
鈴木さんは、京都精華大学プロダクトデザイン学科卒業後、IAMASに入学。製品のデザインを軸に、ハードウェア、ソフトウェア、製品を取り巻く関係性について学び作品を制作、展示発表を行われています。


―お名前、大学・学部・学科、年齢を教えて下さい。

鈴木雄貴、情報科学芸術大学院大学(略称:IAMAS)メディア表現研究科、25歳。

―卒業後の就職先、またはこれからの予定は?

softdevice inc.

―大学で主に学んだことは?

情報科学あるいはパーソナルファブリケーションとプロダクトデザインの関係性について

―卒業論文、卒業制作の作品について教えてください。

・卒業論文
タイトル:利他的な製品としてのレンズ : Meta Productsの生態系に関する研究
(英:Lens as an Altruistic Product : Research on the ecosystem of Meta Products)

・卒業制作
AP-LENS

設計データの共有が容易なデジタル工作機械とwebのオープンコミュニティの接触は新しい「生態系」を生み出す可能性がある。その例として、webとの親和性が高い写真と関係が深く工業製品の象徴でもあるカメラレンズをモチーフに、市場には存在しない涙滴型のものを制作した。それは被写体の視線をカメラへと引きつけ、周辺を滲ませたポートレートをつくりだす。


BOBLBE-E first and second
BOBLBE-E first and second


―大学時代に打ち込んだことは何ですか。

入学後はつくるコトと生きるコトが「=」で結ばれていたように思う。

―好きなもの(音楽・映画・本など)を教えて下さい。

通学の時間である京都⇔大垣間を文庫本と過ごすことが多かった。
柳 宗悦、多木 浩二、ロバート・キャパ

―尊敬する人、会いたい人は誰ですか?

“マハトマ・ガンディー”
入学後のあだ名がガンジーであったので親近感をもっている。


屋上より
学校の屋上より


―大学時代によく行ったお店・場所はどこですか?

学校の屋上(主に日の出を見に)

―これからの夢は何ですか。

金銭と関係を持つマスプロダクトも好きだが、一方でそれを排したプロダクトもデザインしたい。

―大学生(後輩)に向けて一言お願いします。

社会の中で一番新しいことを体験し、考えているのはあなた達です。

鈴木 雄貴 鈴木 雄貴 / Yuki Suzuki

情報科学芸術大学院大学(IAMAS)メディア表現研究科 卒業
京都府出身 25歳

Tumblr : AP-LENS

Hiroko Nakano

AUTHOR

中野 紘子(Hiroko Nakano)

1985年 群馬県生まれ。立命館大学情報理工学部卒業。
大学卒業後より、京都にあるデジタルコンテンツのプロダクションFLAKWORKS inc.にてエンジニアとして従事。
ミュージックポータルサイト"your unknown music."コントリビュータとしても活動中。
http://flak.jp
http://corleonis.net

ovaqe inc.