issue

CNTR AWARD for New Graduates 2013 – Vol.08 渡辺育

CNTR AWARD for New Graduates 2013 第8弾は、京都大学の渡辺育さんです。
渡辺さんは建築学科に在籍。卒業設計では村上春樹の小説を題材に小説世界を建築として具現化し、関西最大の卒業設計展である「Diploma x KYOTO」にて、見事1位に輝きました。


―お名前、大学・学部・学科、年齢を教えて下さい。

渡辺育、京都大学 建築学科、23歳。

―卒業後の就職先、またはこれからの予定は?

あと少し京都にいて、どこかに出たいです。



スタジオ「生きるための建築」


―大学で主に学んだことは?

建築設計、意匠

―卒業制作について教えてください。

「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」
建築学科なので、卒業設計をしました。
卒業設計というのは、建築を計画する敷地も、その規模やプログラムも全て自分で設定し、0から建築を練り上げるという初の試みです。
僕はかつての大阪万博の敷地とその横の廃遊園地(故エキスポランド)に、少し誇大妄想的な計画を提案しました。
Diploma × KYOTO’13という関西のイベントでは一位、せんだいデザインリーグ卒業設計日本一決定戦というイベントで日本二をいただきました。

詳しくはこちら
Diploma × KYOTO’13 イベントレポート
せんだいデザインリーグ卒業設計日本一決定戦 イベントレポート


卒業設計 展示風景

―大学時代に打ち込んだことは何ですか。

建築、女の子、小説、映画

―好きなもの(音楽・映画・本など)を教えて下さい。

いろいろあり過ぎますが、最近みてよかったのはタランティーノの「ジャンゴ」、キアロスタミの「ライク・サムワン・イン・ラブ」
好きな本は「スプートニクの恋人」



「生きるための建築」展示風景


―尊敬する人、会いたい人は誰ですか?

大学の教授は建築家として尊敬しています。
高松伸、岸和郎、竹山聖など。
他にも好きな建築家はいますが、背中をみて育ったなと思うのはこの人たちだと思う。
会いたい人は、長い間会っていない人が何人かいるのでその人たちに。

―大学時代によく行ったお店・場所はどこですか?

かもがわカフェ。家からすごく近かったので。

―これからの夢は何ですか。

建築をかんがえ 建築をつくっていきます。

渡辺育 / Iku Watanabe
京都大学 建築学科 卒業
Twitter : @11119999999

小さい頃の夢:パティシエ?

Hiroko Nakano

AUTHOR

中野 紘子(Hiroko Nakano)

1985年 群馬県生まれ。立命館大学情報理工学部卒業。
大学卒業後より、京都にあるデジタルコンテンツのプロダクションFLAKWORKS inc.にてエンジニアとして従事。
ミュージックポータルサイト"your unknown music."コントリビュータとしても活動中。
http://flak.jp
http://corleonis.net

ovaqe inc.