issue

CNTR TALK EVENT #00『混迷な時代をsurviveするための編集力』

talk_event00

【CNTR TALK EVENT #00】
7月28日(土)京都にて、CNTR主催のTALK EVENTを開催します。
初回のゲストは河尻亨一氏(元「広告批評」編集長/銀河ライター)

編集初心者ばかりのCNTRメンバー。
「編集ってなんだろう?」
わからないことばかり。

そこで大阪出身で、元『広告批評』編集長でもある“編集のプロフェッショナル” 河尻氏をお招きし、
一緒に考えてみることにしました。

あらゆるメディアを往復しながら、編集・ジャーナリズム・広告の垣根を超えた活動をされている河尻氏。
惜しまれながら2009年に休刊した雑誌『広告批評』では休刊キャンペーンを通して、「広告=マス広告」というひとつの時代の終わりを表現、広告界に一石を投じました。
現在は、銀河ライター 主宰として、数多くの記事を執筆。毎年、カンヌライオンズを現地からUST中継、SNSを通して受賞作のリアルタイム速報も。
その他にも東京企画構想学舎や様々なイベントのファシリテーターをされたり、最近では、新セカイカメラ「tab」の統括キュレーターもされています。

ソーシャルメディアを通して、誰もがメディアになることができる時代。
だからこそ、必要とされる「編集力」について再考します。

今回はCNTR TALK EVENTのスタートアップとして
参加者を限定して密度を高め、インタラクティブに行います。
定員に限りがありますので、お早めにお申し込みください。

※定員に達しましたので、受付を終了させて頂きました。
(12/07/06 21:23)

当日のレポート連載を開始しました。ぜひご覧ください。
>>>【CNTR TALK 1】食前酒:自己紹介にかえて

CNTR TALK EVENT #00

Guest
河尻亨一氏(元「広告批評」編集長/銀河ライター主宰)

日時
7月28日(土)
15:40 開場 ※受付が混み合いますので、なるべく早めにお越しください
16:00〜19:00 ゲストトーク
19:00〜22:00 懇親会

会場
SocialKitchen

京都市上京区相国寺門前町699 075-201-1430
地下鉄「鞍馬口」徒歩5分

会費
[一般]2500円[学生]1500円
(懇親会でのフード代込み、ドリンクはキャッシュオン)

定員
30名

Theme
『混迷な時代をsurviveするための編集力』
広告批評から、新セカイカメラ「tab」まで。
メディアが何でもアリの時代、必要とされる編集力。

主催
CNTR

 

Profile

河尻亨一 / Kawajiri Kouichi
元「広告批評」編集長 / 銀河ライター主宰 / HAKUHODO DESIGN / 東北芸術工科大学客員教授
1974年生まれ、大阪市出身。早稲田大学政治経済学部卒業。雑誌「広告批評」在籍中には、広告を中心にファッションや映画、写真、漫画、ウェブ、デザイン、エコなど多様なカルチャー領域とメディア、社会事象を横断する様々な特集企画を手がけ、約700人に及ぶ世界のクリエイター、タレントにインタビューする。現在は雑誌・書籍・ウェブサイトの編集執筆から、企業の戦略立案およびコンテンツの企画・制作まで、「編集」「ジャーナリズム」「広告」の垣根を超えた活動を行う。
@kawajiring
銀河ライター
THIS IS HIT
デジタルクリエイティブ

Yoko Yano

AUTHOR

矢野 陽子(Yoko Yano)

designer/coordinator
1982年京都生まれ。 グラフィックデザインを中心に、商品開発、 イベントのコーディネートも行う。 体験をとおしてセカイが広がるきっかけをつくりたい。
http://kotore.jp/event

ovaqe inc.