news

カフェ「GIVE & GIFT」オープン

givegift

淀屋橋のオフィス街に、カフェを併設した障がい者福祉施設「GIVE&GIFT」がオープンした。『カフェ』と『福祉』という一見意外な組み合わせとも思えるこのスペースをプロデュースしているのは、今までも学生支援、障がい者施設支援、コミュニティーづくりなど、様々な社会課題に対する事業を行ってきた株式会社「きびもく」とNPO法人「チュラキューブ」。

就労継続支援B型事業所の工賃が低いことは全国的な問題となっているが、中でも大阪府の障がい者工賃は最下位。この問題に対して、全国平均以上に工賃を引き上げることを目的に、様々な角度から取り組んできたチームが今回注目したのは「食」。フードをつくる福祉施設の多くは郊外にあるため、今まではなかなか売れず、そのため工賃がいつまでたっても低いままになってしまっているという現状に対し、都心でフードを作り、都心で販売することができれば、その壁も超えることができるのではないかという思いから「GIVE&GIFT」をオープンさせた。“ 大阪のオフィス街 ”という、数多くの人々が集う地域で、障がいを持つ人々がずっと楽しく働き続けることができる場所を目指しているという。

障がいを持つ人は、ここでは主にランチメニューの調理や、店舗の清掃を担当する。また、週に2・3日の「座学」の時間を設け、「食の楽しさ」「お金の使い方」などを学ぶことで、生きていくことには欠かせない「食」を通して「はたらくこと」や「くらすこと」を楽しむ生涯学習の場ともなっている。

また、もちろんカフェとして食材にもこだわっており、須坂のりんごを使った酸化防止剤を使用していない果汁100%のリンゴジュースや、淡路島で無農薬にこだわって育てられた花岡農恵園の玉ねぎを使ったバターチキンカレーなど、美味しさはもちろん、安心・健康面も考慮された、やさしいカフェとなっている。

とても素敵な外観を持ち、一見お洒落なカフェにしか見えないこの施設。ここで、これまでの価値観を覆すような、新しい「福祉」のかたち・コミュニティのあり方が生まれてはじめている。温かい空気を感じに、ぜひ美味しいランチを食べに行ってみてください。


『 GIVE & GIFT 』

食を通して、人との繋がりを大切に考える場所として、
様々な試みをお届けできたらと考えています。

毎日忙しく働くビジネス街の方々に、
出来る限り生産者さんの顔が解る安心な食材を使った
人の温もりが感じられるお料理を提供したい。

カフェのメニューはそんな思いが込められています。

また、全国からこだわりの食材を集めた食品も
たくさん取り揃えていますので
そちらも手に取ってご覧いただけたら嬉しく思います。

住所:大阪市中央区淡路町2-5-11

電話:(株)きびもく/チュラキューブ  06-6226-7993
GIVE & GIFT cafe  06-6226-7144

営業時間
月〜土 11:30〜16:00
ランチタイム 11:30〜14:00
定休日 日・祝
※11月29日〜土曜日オープン予定

○ LUNCH MENU ○
・淡路島たまねぎのバターチキンカレー
・国産鶏のレモン南蛮と雑穀ごはん
・国産鶏の照り焼きチキンと雑穀ごはん
・ホットコーヒー
・アイスコーヒー
・アップルジュース
・オレンジジュース
※メニューは季節によって変更することがあります

○ CAFE MENU ○
・ホットコーヒー ~焙煎アーティスト仕込みのオリジナルブレンド~
・アイスコーヒー ~焙煎アーティスト仕込みのオリジナルブレンド~
・オーガニック グレープフルーツジュース
・オーガニック オレンジジュース
・長野県須坂産の極上りんごジュース

Facebookページはこちら

Takako Urabe

AUTHOR

占部 貴子(Takako Urabe)

1987年、岡山生まれ。大阪芸術大学芸術計画学科卒業。
駅ナカのコミュニティスペース、アートエリアB1に管理運営スタッフとして在籍後、現在は学童保育指導員として勤務しながら、子どもとアートの関わり方について考え中。
文化住宅を利用した様々な活用方法の提案と実践を行う「前田文化」メンバー。

ovaqe inc.