株のローソク足が関西発祥って知ってた?商売、投資、賭博(オンラインカジノなど)を問わず儲かることが大好きな関西人

  • by

「儲かりまっか?」「ぼちぼちでんな」……関西、とりわけ大阪は商売の街

「関西人、とりわけ大阪人といえばこのセリフ」といわれるほど、見出しのやり取りは非常に有名です。
あまりに有名になりすぎて、聞かれる方は逆に冷めてしまうと言われます。
とはいえ、この言葉に表されるように、関西では商売、とりわけ儲けることが非常に重視されてきました。
おもしろいのが、「ぼちぼちでんな」と返答するように、あまり「儲けている」ことをおおっぴらに自慢するのは避けられていることです。
これは、昔江戸時代に「米騒動」があったように、あまりに金を持っているアピールをすると他の人から反感を買うからでしょう。
実際、「ぼちぼち」と回答する場面の本音は大体「儲かっている」で、「あんま儲かっとらんなぁ」みたいな言い方をする場合は「普通」、そして何も言わないときは本当に儲かってないとき、といったようにかなりのコンテキストを含みます。

今や株のチャートで必須なローソク足チャート。その発祥は大阪の米相場

株式投資をしていると、基本的なチャートとしてローソク足チャートがあります。
これは、一定期間の高値、安値、始値、終値がわかる非常に優秀なチャートですが、この発祥は江戸時代の大阪の堂島にあるといわれています。
米相場はその名の通り米の値段の推移ですが、当時は米が通貨の代わりとして流通しており、値段設定も基本的には市場に委ねていたことから、価格差は時期によってそれなりにありました。
そのため、当時から信用取引等も盛んで、投機的に大きく儲ける人もいたようです。
そして、大きく「売り」をかけてかなりの利益を得ることもできましたが、当然このような行為をたくさんしていると人から恨まれるため、「ぼちぼちでんな」と言っていたのかもしれません。

信用取引は恨まれる?恨まれずに儲けるにはギャンブルか?

上記のような信用取引は、それ自体が市場を大きく動かしてしまうことがあるため、場合によっては結構恨まれます。
とはいえ、大きく儲けたら自慢したいのが人の性です。
恨まれずに投機と同じように儲ける方法としては、賭博があります。
こちらは、勝っても負けても完全に本人の自己責任なので、恨まれることはありません (逆恨みやイカサマはありますが、例外的です)。
関西では、大阪にカジノを設立する構想もあるため、ギャンブルに対して寛容的です。
実際、ギャンブルの1つとされる麻雀やパチンコも非常に盛んで、たくさんの店舗が街中に並んでいます。

早く儲けたい。でも、カジノが大阪にできるのを待ってられない?2つの選択肢

現在、大阪維新の会がカジノ設立に向けて動いていますが、ギャンブルに寛容的な大阪でもまだまだ賛否両論も多く、設立までは時間がかかりそうです。
「そんなの待ってられない。もっと早く儲けたい!」とせっかちな関西人もきっと多いことでしょう。
そんな人におすすめなのは、オンラインカジノです。

1. オンラインカジノならすぐに開始可能。無料ボーナスがあるので、儲けに厳しい関西人も納得

オンラインカジノは、実店舗を待たずにすぐに始められるだけでなく、カジノが初めての方向けに無料ボーナスが初回登録時に付与されます。

無料ボーナスには、登録時に付与されるもの、初回プレイ時に付与されるもの、クーポンを入力して付与されるものなど、さまざまで、金額も20~40ドル程度などプラットフォーマーによって異なります。
また、オンラインカジノは還元率が高いことでも有名です。

一般期なギャンブルが50~70%程度の中、オンラインカジノは95%前後と、儲けに厳しい関西人でも納得の数値が出ています。
無料ボーナス+高還元率で、ひょっとすると、昔の米相場の信用取引以上に短期間で儲けられるかもしれません。

2. 着実に儲けるなら、働くのが吉

ギャンブルはリスクあるな……と考える方は、地道に働きましょう。
関西は、日本でもトップクラスの商業圏なので、仕事はたくさんあります。
また、自分で商売を始める方も多く、オープンな市場となっています。
商売も、製品をしっかり選んでちゃんと売れば、ギャンブル以上に素早く儲けることも不可能ではありません。
そしてあなたも商売で大成功したら、ぜひ「ぼちぼちでんな」と他人に言いましょう。

きっと楽しいですよ。

まとめ

関西の「儲ける」マインドは他の地域とはひと味違います。
その雰囲気を少しでも理解できたら幸いです。
時間がある方は、ぜひ実際に訪れてそれを感じてみると良いでしょう。